大阪市北区の税理士なら 柄溝税理士事務所
〒530-0047  大阪市北区西天満5丁目4番13号  ユリスト西天満202
主な業務地域:大阪市北区、大阪市西区、大阪市中央区、梅田、京橋、福島区、大淀区、城東区、都島区、旭区など

06-6311-1521

受付時間

9:00~17:00(平日)土日要予約

税務調査はお客さんの側に立つ

  税務調査はお客さんの側に立つ

私は、顧問先企業さまに税務調査が入るような場合には、責任を持って必ず立ち会うようにしています。そうでないと、お客さまが支払わなくても良い税金を支払う羽目に陥ることがあるからです

100%顧問先企業さまの立場に立って、税務調査に臨みます

当り前の話ですが、税務署は”間違い”を探しに来ています。増差所得・税額(間違い金額及び税額)を少しでも多く出したいようです。一方、中小企業の社長さんは、取られる税金はなるべく少なくしたいと考えます。

双方の利害はまったく逆方向ですから、支払う税金をなるべく少なくするためには、会社の事情や取引実態を税務署の職員が納得できるようにきちんと説明しないといけません。

しかしながら、一般的に中小企業の社長さんは税務に関しては素人。税務調査に入る税務署の調査官は税務調査のプロです。調査のプロと素人の社長さんでは、社長さんがいくら必死に説明してもまったく話にならないというケースが少なくありません。税務調査のプロにしてみれば、素人の社長さんの主張を退けることなど赤子の手をひねるようなものなのです。

税務調査では、事実確認での主張の食い違いがよくあります。調査官の言い分と社長さんの言い分が食い違って、白黒はっきりできないグレーゾーンになってしまうようなケースです。

このような時、社長さんは会社の事情を一生懸命税務署に訴えます。しかし税務署の調査官から「いやそんなことありませんよ。それはこういう風に見れますでしょう」と言われてしまうと、反論する術もなく、「ああ、そうかな・・・」とつい納得してしまう。そして結果的に、税金を多く支払わなければいけなくなってしまうわけです。

ですから、顧問先企業さまに税務調査が入る場合には、必ず私が立ち会うようにしています。そして、徹底的に会社の立場に立って調査官に説明しています。一つの事実をどういう立場に立って説明するかがとても重要です。調査官は税務署の立場で主張してきますから、こちらは私が社長さんに代わって会社の立場で説明するわけです。そうすれば、調査官がこちらの主張を認めてくれる場合も多いものなのです。

私は税務署に勤務していた時代(※)、「これだったら居ても居なくても同じ」という税理士を多数見てきました(会社の立場に立つ素晴らしい税理士もいるのも事実です)。役に立たない税理士では報酬を支払う意味がありませんから、私は100%顧問先企業さまの立場に立つことを日々心がけております。

(※)私は税理士として開業する以前は、大阪国税局管内で税務調査の仕事をしておりました。私のプロフィールについて詳しくは下記のページをご覧ください。

→ 元税務署職員 柄溝宗生のプロフィールはこちらへ

無料相談実施中です。詳しくはこちらへ

お知らせ

2017年7月・8月決算

7月(9月30日期限)、
8月(10月31期限)
決算の法人を受付けています

無料相談実施中!

ご相談はお電話・フォームにて受け付けております。

06-6311-1521

受付時間:平日9:00~17:00

担当       :柄溝、中島、加藤

顧客先企業さまの声

税理士さんの
イメージが一転

「温厚で真面目。国税出身とは思えない、腰の低さはこれまでの顧問の先生の イメージを一転させるほどの印象がありました。 ・・・」
株式会社スカイコーポレーション 
代表取締役 佐藤哲史 さま

第一印象の「実直」を裏切らない

「初めて会った時の印象を裏切らない仕事ぶりで、口が堅く、営業色がないところにも柄溝さんの直向さを感じています。 」
株式会社レックス 
代表取締役社長
正垣嘉之 さま

柄溝税理士事務所のご紹介

代表者名

柄溝 宗生 (からみぞ むねお)

住所

〒530-0047
大阪市北区西天満5丁目4番13号「ユリスト西天満」ビル202

・地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車①番出口、徒歩3分
・JR東西線「大阪天満宮駅下車地下鉄①番出口より徒歩3分
*堀川戎神社西となり

主な業務地域

大阪市北区、大阪市西区、大阪市中央区など

06-6311-1521

06-6311-1522

受付時間:平日9:00~17:00